漫画で知った占いの色々

日本には世界に誇れる文化があります。

それは「漫画」

これは世界的に見てもとてもすばらしいものです。

漫画で知ったこと、漫画に影響されて始めたこと。

子供の頃、両親に

「漫画ばかり読まず勉強しなさい」

と言われた事がある人も多いはずです。

漫画ばかり読んでいたら頭が悪くなる。

漫画じゃ学ぶことが出来ないと考えている人がいるのならば、きっと時代遅れ。

映画一つでも今はアニメ映画がとんでもない興行収入を叩き出す時代。

それだけ人々の心を鷲掴みにして、楽しませる事が出来て、学べることが多いのです。

漫画は子供が読むものではなく全世代が読む物に変わっています。

占いが好きな僕自身も初めて占いを知ったのは漫画でした。

子供の頃に読んで初めて知った占いは「水晶占い」

魔女の様なおばあさんが水晶玉を擦って手をかざし、未来を占うのです。

タロットカードの占いも漫画で知りました。

これもまた魔女の様なおばあさんがカードで色々と人の運勢や運命を占っていました。

手相占いを知ったのも漫画。

これもまたまた魔女の様なおばあさんが手相を見て占うのです。

占い師=老婆

そう思い込んでいた子供の頃。

大人になるにつれて若い女性の占い師も存在することに気がついたのですが、自分より人に占ってもらっても説得力が無いといった思い込みが先行してあまり信じることは出来なかった思春期。

結局は信じるか信じないかは自分次第ですけどね。

 

そんな子供の頃に見た占いでも興味を持ったのはタロット占い。

と言うよりもタロットカード。

西洋のカードで日本で言うカルタみたいな感じのものなのですかね?

でも絵柄は怖くても名前は格好良い。

前述した様に、とある漫画でその人の守護霊とも呼べる存在をタロットで例えているのです。

タロットの持つ意味に従ってその守護霊に名前をつける。

その漫画のすごい所としては、バトル漫画やアニメで戦うシーンと言えば当然のことながら、本人が戦い傷つく。

しかしこの漫画はその守護霊に戦わせるのです。

守護霊と守護霊が戦い本人は戦わない。

守護霊が傷つけば本人も傷つく。

守護霊が見えない人間とは戦うことが出来ない。

この今までになかったバトル方法が実に革命的で実に楽しい。

そしてタロットカードの名前もその漫画で覚えましたそのアイディアが素敵すぎます。

今もまだ連載を続ける人気漫画です。

 

漫画には様々な占いが登場して、時には物語を左右する事もあります。

今はまだ用いられる事はありませんが、電話占いが今後漫画に登場するかもしれないですね。